イオン九州株式会社

イオン九州株式会社

環境目標と実績報告

環境目標と実績報告

2017年度の活動総括と2018年度の取り組みについて

2017年度の取り組みの大きな成果として、長時間労働の削減、食品廃棄物の削減、環境配慮型商品の拡販があげられます。長時間労働の削減については、紙ベースで時間外申請管理を行っておりましたが、時間外申請システムにて管理をすることで前年実績より23%の削減が実施できました。また食品廃棄物の削減では製造数量・発注数量の見直し、さらに店舗での成功事例を共有して全店で売り切るための対応を実施し、目標数値を達成しております。環境配慮型商品の拡販につきましては、家庭内の節電につながるホームウェアや環境に優しい衣料用洗剤、再生紙を使用した商品など、お客さまの購買に繋がる販促を強化するなどして、衣料品グループでは基準年である2015年対比で6%増、住居余暇グループでは20%増の目標を達成することができました。植物総売価変更額の削減につきましては目標未達となりましたので引き続き取り組みを継続・拡大いたします。

2018年度の取り組みといたしまして、長時間労働削減、環境に配慮した商品の提供、環境負荷の少ない店舗運営の実施を引き続き改善目標として取り組みます。また環境負荷に貢献するため本年度も前年以上に地域のお客さまや全従業員とともに、環境社会貢献活動を推進してまいります。

取締役 執行役員 管理本部長 平松 弘基

2017年度環境目標と実績と2018年度環境目標

〈 省エネルギー・省資源の推進 〉
長時間労働の削減
目標 時間外労働時間を2016年度対比20%削減 
一人当たり残業目標数値 9.7H
実績 時間外労働時間23%削減 
一人当たり残業結果 9.3H
評価 達成
2018年度目標時間外労働時間を基準年(2016年度)対比30%削減
〈 環境に配慮した商品の提供 〉
家庭内の節電につながるホームウェア商品の拡販
目標 ホームウェア商品の売上高を基準年(2015年度)対比6%増 
目標額540,246(千円)
実績 703,187(千円) 評価 達成
2018年度目標売上高を基準年(2015年度)対比9%増
環境配慮型商品の拡販
目標 環境配慮型商品の売上高を基準年(2015年度)対比20%増 目標額514,128(千円)
実績 559,675(千円) 評価 達成
2018年度目標売上高を基準年(2015年度)対比30%増
〈 環境負荷の少ない店舗運営の実施 〉
食品廃棄物の削減
目標 食品廃棄率0.76%以下  実績 食品廃棄率 0.76% 評価 達成
2018年度目標食品廃棄率0.66%以下
植物総売価変更額の削減(HC)
目標 売価変更額を2015年度同規模対比5%削減 目標額118,280(千円)
実績 139,795(千円)118.2%超過 評価 重大な不適合
2018年度目標植物総売価変更額を2015年度同規模対比5%削減
店舗で発生する食品廃棄物のリサイクルの推進
目標 リサイクル率 53% 実績 53% 評価 達成
2018年度目標食品廃棄物リサイクル率 55%

RECOMMEND

おすすめ情報