環境保全・社会貢献の取り組み

aeon 1% club foundation

イオングループのサステナビリティ基本方針をもとに、イオン九州は、人と地球環境のサステナブル(持続可能)な未来の実現に向け、さまざまな活動を行っています。

 

イオン サステナビリティ基本方針

 私たちイオンは、「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」という基本理念のもと、多くのステークホルダーの皆さまとともに、持続可能な社会の実現を目指します。
取り組みにあたっては、「低炭素社会の実現」、「生物多様性の保全」、「資源の有効利用」、「社会的課題への対応」を柱とし、グローバルに考え、それぞれの地域に根ざした活動を積極的に推進してまいります。

 

環境指針 私たちは、お客さまへの安全・安心な店舗・商品・サービスの提供を通じて、豊かな暮らしと地球環境保全の両立に取り組みます。取り組みの推進にあたっては、環境マネジメントシステムを運用し、定期的な見直しを行い、継続的に改善を進めます。

 

1. 私たちは、低炭素社会の実現のため、全ての事業活動における温室効果ガスの排出削減に取り組みます。

(1)店舗におけるエネルギー効率を継続的に改善します。

(2)商品のサプライチェーン全体で削減に取り組みます。

 

2. 私たちは、事業活動を通じた生態系への影響と恩恵を把握し、保全活動を推進します。

(1)持続可能性に配慮し資源管理された商品開発・調達に取り組みます。

(2)植樹・育樹活動等を推進し、地域の生態系を守り育む活動に取り組みます。

 

3. 私たちは、持続可能な資源利用のために省資源、資源循環に取り組みます。

(1)資源のリデュース・リユース・リサイクルを 推進します。

(2)環境負荷の少ない原料・資材等を選択するよう努めます。

 

4. 私たちは、環境側面に関わる法規制等を順守し、汚染の予防に努めます。
また、本指針を従業員および当社の事業活動を支えるすべての人々に周知するとともに、広く公開します。

 

5. 私たちは、お客さまをはじめとする多くの方々とパートナーシップを築き、取り組みの輪を広げていきます。

環境マネジメント イオン九州株式会社は、本社ならびに店舗において、環境マネジメントの国際規格「ISO14001」の認証を取得しています。環境負荷の低い経営をめざし、環境配慮型商品の導入や販売拡大、廃棄物の削減や再資源化、そしてCO2排出抑制などに取り組んでいます。

 

イオンのecoプロジェクト

イオンは「2012年度のCO2排出量を、総量で2006年度比185万t-CO2削減する」という目標を1年前倒しで達成し、それを受けて新たなプロジェクトを開始しました。この目標は、近年の社会的ニーズや東日本大震災の経験を踏まえ、エネルギー使用量を「へらす」、再生可能エネルギーを「つくる」に加え、非常時には防災拠点として地域を「まもる」という役割を明確に打ち出しています。

 

植樹活動

イオンの植樹活動は累計1,000万本に

1991年にスタートした植樹活動も、2013年度には植樹総数が1,000万本を突破し、「かけがえのない美しい地球を未来の子どもたちに引き継ぐ」という思いのもと、森づくりの活動はますます広がっています。
お店が開店する際に、お客さまとともにお店の敷地内に植樹をする「イオン ふるさとの森づくり」や(公財)イオン環境財団による国内外での植樹活動により、イオンの植樹活動は日本のみならず、中国、マレーシア、タイなどアジア各国でも行われ、緑を育む心の輪を広げていきます。


宮崎県・綾町では照葉樹林を守るため、2013年から
3年間で約1万5,000本の苗木を植樹しました

 

レジ袋使用量の削減を推進

買物袋持参運動を実施

イオンは未来の環境に配慮し、1991年から「買物袋持参運動」を、2000年からは「マイバスケット運動」を開始しました。九州においては2009年6月から大分県内の総合スーパーにて「レジ袋無料配布中止」を開始し、2013年2月末時点で総合スーパー(錦店・有家店除く)・イオンスーパーセンター全店へと拡大しています。


「バイオ・マイバスケット(本体価格362円)」。店内のサービスカウンターで買うことができます

「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」

レシートの合計金額の1%を全額相当分の品物などで寄贈

支援を必要とするボランティア団体と、「応援したい」というお客さまの気持ちを結ぶ「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」。
毎月11日のイオン・デーに、当日お客さまが受け取られた黄色いレシートを、応援したい団体のBOXへ入れると、レシート合計金額の1%相当分がその団体へ品物などで寄贈されます。


2015年2月期の、レシートの合計額は約24億2千4百万円となりました。
その1%相当額の品物を1,094団体に贈呈いたします

 

イオンチアーズクラブ

子どもたちの学びと体験の場を提供

イオンの従業員がサポーターとなり、行政や協力団体の力を借りながら、各店舗の周辺に住む小中学生の会員が、社会的なルールや身近な環境について学んでいくクラブです。
6年間を1サイクルとし、毎年異なるテーマの環境問題に取組むことで、子どもたちの環境に対する興味と考える力を育てます。
年度末には各地域のチアーズクラブが集まり、1年間の取組みを発表し、共有する活動成果発表大会も開催します。


「イオンチアーズクラブ」活動成果発表大会の様子。
1年間の活動成果を壁新聞にまとめ、発表します

 

ペットボトルキャップの回収キャンペーン

イオン九州では、ペットボトルキャップを回収し、そのリサイクルの対価で、世界の途上国の子どもたちにワクチンを贈る活動を展開しています。
地域の方々と協力し、2013年9月から2015年2月までの間に約2億4千3百万個のキャップを集めました。
このキャップのリサイクル対価はポリオワクチン換算で12万1千274人分に相当します。


「ペットボトルキャップで世界の子どもにワクチンを届けよう!」キャンペーン
ペットボトルキャップの回収は、イオン・イオンスーパーセンター・ホームワイド各店で実施しています。
(イオンサイクルショップ・イオンバイク・ワイドマートD&F・旧ダイエー店舗は除きます。)

 

被災地の復興の一助に「心をつなぐプロジェクト」

イオン九州はグループ企業とともに東日本大震災の復興に継続的な支援を行っています。被災地の方々とイオンピープルの心と心をつなぐ取り組み「イオン心をつなぐプロジェクト」のボランティア活動(岩手県陸前高田市、福島県南相馬市)に、2013年度は当社から39名が参加しました。


多くのイオン九州従業員が参加